瓦礫選別で地球の平和を守れ|プロが目を光らせる

機械で瓦礫を選別する

がれきと重機

大量の瓦礫を選別する

土木作業や解体作業、災害時の復旧作業などで、大量の瓦礫が発生した場合、産業廃棄物として処理しやすいよう、瓦礫選別を行います。瓦礫には再利用可能なものも含まれているため、まずは大小に分ける作業を、瓦礫選別と言います。単発で瓦礫選別をする際には、専門の業者を利用するのが安心です。ただし、頻繁に行う場合は、自社で機械を用いた方が、コスト面で効率的です。長期で、似たような瓦礫選別をすることが分かっている場合には、新品を購入しても良いでしょう。一方で、コストを抑えたい時は、中古も選択肢に入ってきます。この場合、メンテナンスも、ある程度自社で行えることが前提になります。まずは短期で色々試してみたいなら、レンタルが良いでしょう。レンタル業者によっては、気に入ったものがあれば、そのまま購入することもできます。

選別の機械を選定する

瓦礫選別の機械には、大きく分けて、回転式と振動式の二種類があります。回転式は、円筒形状に選別する網がついて回転し、その回転により、瓦礫を大小に分けます。振動式に比べ、大量に瓦礫を処理する際に向いています。ただし、一般的に、水分率の高い砂や泥は目詰まりしやすいので、砂や泥が多い場合は振動式にするか、ドラムの形が工夫された機械を利用する必要があります。一方の振動式は、網の付いた長方形の振動体を振動させて、瓦礫を大小に選別します。網の種類を工夫することにより、砂や泥が目詰まりしにくくなります。また、回転式に比べて綿密な選別を行うため、少なめの瓦礫選別に向いています。選別する瓦礫の種類や量によって、どちらの機械を瓦礫選別に使用するのか判断します。

環境が守られる作業

解体

ガレキ選別は資源と環境を守るひとつの責任であり、ルールを守ることで作業に対する誇りが持てます。処理の代行業者が増えているため、いつでも作業できると好評です。専用の機械を取り扱う業者においては新品・中古品のほか、低コストのレンタル品も用意されています。コンパクトで機動力のあるタイプも選択できます。

もっと知ろう

産業廃棄物の処理

作業員たち

産業廃棄物処理は国の定めを守り、適切に行うことが求められます。事業者は産業廃棄物処理法についてしっかり学んで知識を身に付け、環境や人だけでなく企業やお店のためにも産業廃棄物処理法をきちんと守ることが大切です。

もっと知ろう

ゴミの処理方法

ゴミ

さいたま市では、事業所で出る一般廃棄物や家庭の引っ越しで一時的に多量に排出されるごみ、家電リサイクル法に指定されている品目などの一般廃棄物のごみ収集は出来ません。自身で市の処理施設に持ち込むか、市から許可を得ている収集業者に依頼する必要があります。金額や取り扱えるごみの種類を確認し依頼しましょう。

もっと知ろう