環境が守られる作業|瓦礫選別で地球の平和を守れ|プロが目を光らせる

瓦礫選別で地球の平和を守れ|プロが目を光らせる

環境が守られる作業

解体

責任が果たせる

国内では自治体でルールを設け、再生も含めて環境が守られるようなゴミ処分の取り組みが活発化しています。ガレキ選別もその中のひとつで、コンクリートや鉄くずを分けなければなりません。特に企業に対する世間の目は厳しく、ルールから逸れるような無責任なゴミ処分は経営をも揺るがします。一方でルールに沿って処分を行っている場合は社会にアピールでき、自分たちの仕事に誇りも持てるわけです。手作業だけでガレキ選別をする場合、ガレキを運んだり砕く必要があるため、増員を検討しなくてはなりません。しかし、今日においては代行業者も増加し、処分に対する一時的なコストだけで済みます。いつでも利用できる安心感があるため、たくさんの利用者から支持を得ているのです。

低コストも実現

種類にもよりますがガレキ選別は大きな機械とスペースが必要となり、すべてをゼロからそろえるには大きなコストが発生します。しかし、ガレキ選別用機械を専門に取り扱う業者も存在し、スペースに合った適切な機械の入手が可能です。また、新品・中古品の取り扱いだけではなく、低コストのレンタル品が用意されている点も魅力といえるでしょう。ガレキ選別用の機械はいくつかの種類があり、コンパクトなタイプも選択できます。一例としては手分け作業用のベルトコンベアーで、車輪付きのタイプは移動できるほどの高い機動力です。いずれにしてもガレキ選別は作業効率も非常に重要ですので、作業人数やスペースを十分に検証し、適切な機械の選択が良いでしょう。